2017年になり、アドレスバーのところの表示が少し変わりました。

SSL対応

Google Chromeではアドレスバーにの最初に南京錠のマークが付いていて「保護された通信」と記載されており、URLもhttpではなくhttpsとなっております。また色が緑色表示です。

これはそのウェブサイトがSSL対応しているか否かを表しています。

保護されてない

逆にSSL対応されていないウェブサイトは、上の画像のようにURLの前に!マークがついており、クリックすると「このサイトへの接続は保護されていません」と出ます。

IEでは保護されていれば南京錠マークが付き、されていなければマークが表示されないようになっています。

SSL対応

SSL対応(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上のデータを暗号化して送受信し、悪意ある第三者から情報を守る仕組みです。

例えば、インターネット上でお買い物する時に自分の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、クレジットカード情報などを入力します。

これらの情報が盗聴された場合、大事な個人情報が外部に漏れてしまいます。

メールアドレスが流出することで迷惑メールが届いたり、クレジットカード情報が漏れたことにより勝手に使用されたりなどなど。

しかし、SSL対応をしておけば、万が一盗聴された場合にも暗号化されている為、情報を見ることが出来ず、結果的に情報漏洩を防ぐことになります。

当店のホームページにもメールフォームがあり、そちらでお問い合わせ頂くことも可能になっております。

クレジットカードの情報を入力する項目はありませんが、氏名、住所、電話番号、メールアドレスは入力できるようになっております。

その為、当店のホームページもSSL対応致しました。

SSL対応済み

アドレスバーのURLのところに鍵マークが付いており、保護された通信の文章、https表記です。表示色も緑色になっております。

これにより、メールフォームによるお問い合わせも安心してご利用いただけます。