本日のハウスクリーニングは東京都北区王子にて換気扇のお掃除です。

今回の物件は1ルームのアパートです。しかしよくあるミニキッチンではなく、1DKの物件によくあるような幅1.5m、奥行き0.6mのサイズです。

換気扇のタイプはフラット型のレンジフードとなります。

フラット型レンジフード

レンジフードのタイプにはブーツ型、スリム型、ファルコン型、そして今回のフラット型の4つがあります。

ファルコン型は結構珍しいタイプで先日、埼玉県川口市でお掃除しましたが、普段はあまりお目にかかることはありません。

フラット型は見ることが多いです。というのも、天井が低い場合など、高さが確保できない建物では採用されることが多いからです。

フラット型レンジフード

本日のお掃除対象となる換気扇です。

フィルター

フィルター(ビス止め)

フィルターの写真です。埃と油汚れが一体化して全体に付着しております。これでは換気効率も悪くなります。

このタイプのフィルターは他のレンジフードのように窪みにはめ込まれているタイプではなく、ビスで止まっております。

フィルター取り外し

プラスドライバーを使ってビスを2つ外し、フィルターを取り外します。

フィルター掃除前

フィルター部分はアルミ素材ですので、腐食を防ぐアルカリ洗剤を使用しましたが効き目はイマイチ。強アルカリ洗剤を5倍に希釈して使用しました。

時間を置いた後、細いブラシとスチームクリーナーを併用して汚れを洗浄。

強アルカリ洗剤で漬け置きした為、少しアルカリ焼けを起こしました(アルミはアルカリに弱いため)。すぐに中和剤を使用し、焼けを軽度に抑えます。

フィルター掃除後

洗剤分が残らないようにしっかりと水で洗い流し、完了です。

ターボファン

レンジフードのファンには3つのタイプがあります。

シロッコファン、ターボファン、プロペラ型です。

今回の換気扇のファンはターボタイプでした。

フラット型分解

3つのビスを取って前面カバーを外した写真です。

ターボファン洗浄前

プロペラとシロッコファンのちょうど中間の特徴をもつタイプのファンです。面積も大きく、後ろに反った羽が付いています。その為、換気効率は最も良いファンです。

外した状態で洗剤で丸洗いします。

ターボファン洗浄後

レンジフード本体のお掃除

カバー洗浄前

写っているのはカバー内側、つまり換気扇内部を向いている方です。

表面はフィルターが汚れを抑えてくれる為、さほど汚れておりませんでしたが裏側は油汚れでビッシリでした。

アルカリ洗浄剤とスポンジを使って汚れを解き、洗い流します。

カバー洗浄後

レンジフード本体掃除前

分解できない部分は直接洗剤でお掃除していきます。

レンジフード本体掃除後

完了です。

外した部品を取り付け、機能点検を行い、作業終了となります。

換気扇の掃除・詳細

レンジフードクリーニングは料金が14,000円となります。

作業人数は1名。

時間は今回は約1.5時間ほどで完了しましたが、およそ2~3時間かかります。

詳細ページは換気扇・レンジフードの掃除です。

ご依頼やお問い合わせなどは下記電話やメールフォームにてご連絡下さい。

お電話では「ホームページを見て・・・」とお伝えいただければスムーズです。