一日の疲れを癒す浴室。

湯船に浸かっているとだんだんお風呂場の汚れが気になってきます。そんな状態ではゆっくりとはできません。

それではお掃除をと考えますが、お風呂は住宅の中で一番汚れの種類が多い場所と言われております。

その為、汚れにあった洗浄方法で適切なお掃除を施さないとキレイにはなりません。

というわけで、(主婦の方には聞いたことがある内容かもしれませんが)今回の記事ではお風呂の掃除方法を書いていこうと思います。

風呂掃除

お風呂掃除

お風呂の汚れは種類が多いと言いましたが、ざっと書きだすと下記の通りとなります。

  • 皮脂汚れ
  • 石鹸カス、水垢(カルキ)
  • カビ汚れ・ヌメリ

汚れ別の洗浄方法をご家庭にある安全性の高い商品でお掃除する方法を解説していきます。

皮脂汚れ

皮脂は身体や頭を洗った際に人間の身体から出る汚れで、要は油ということです。

浴槽の中や、洗い場の壁の床から1メートルくらいに付着しやすい汚れです。

初期の段階では洗剤を使わなくても簡単に落とせますが、蓄積して層になると手強い汚れとなります。

油ですから種類としては酸性となります。従って使用する洗剤はアルカリ性が効果があるということです。

重曹やセスキ炭酸ソーダが有効です。

水に溶かして水溶液として使用する場合は、重曹の場合は水100mlに重曹小さじ1杯、セスキ炭酸ソーダは100倍希釈で作るのが良いかと思います。

スポンジなどで塗り広げ、乾かないように注意しながら時間を置き、こすり洗いします。

水垢・石鹸カス

水垢とは水道水に含まれるカルシウムなどのミネラル成分が水分が蒸発後に残った残留物です。

石鹸カスについては、石鹸は中性に近いですが、商品により酸性だったりもします。しかし一般的にはアルカリ性に分類されるため、水垢と同じカテゴリーにしました。

浴槽のヘリ、蛇口カラン、壁面、床、そして鏡に主に付着しております。

皮脂汚れよりも硬く固着しているケースが多く、酷いものは石のように固まっているものもあり非常に厄介な汚れです。

アルカリ性の汚れですから酸が有効です。ご自宅で簡単に準備できるものと言えば酢やクエン酸でしょうか。

クエン酸水は水200mlに対し、クエン酸小さじ1~3くらいで作り使用してください。汚れが酷い場合はクエン酸の量を調整します。

浴槽淵や鏡などはキッチンペーパーをクエン酸水に浸して汚れ部分に湿布するという方法が有効です。

10分ほど時間を置いた後に擦り洗いして下さい。ただし、壁面パネルは素材により傷がつきやすいので、研磨剤が一切含まれていないスポンジで擦るなど注意が必要です。

また浴槽淵や鏡の取り付け金具部分には層の厚い硬い汚れがついている場合がありますが、これにはクエン酸水どころか業務用酸性洗剤でも歯が立たないケースがございます。

この場合はこそぎ落すのが一番有効な手段です。しかし、鋭い刃のスクレーパーでは素材に刺さったり傷が付いたりする可能性があり、慣れていないと扱いづらいです。

プラスチック製のスクレーパーや使っていないカードなどを使用します。

水垢削り

カードの場合、立てて汚れを削るように使ってください(傷が付かないか目立たないところで確認してから作業してください)。

また、ほとんどの方が諦めている鏡のウロコ汚れ(鱗状痕)も水垢汚れです。これもやはり酸性が有効となります。

擦る素材ですが、ラップをくしゃくしゃに丸めたものが傷もつかず有効性があります。

それでも効かない場合は、多少傷が入る可能性はありますがダイヤモンドパットを使用します。

ダイヤパットを使う場合は必ず水を絶やさずに使用してください。乾いた状態で擦ってしまうとたちまち傷がつきます。

カビ・ヌメリ

黒ずんだカビやぬるぬるするヌメリの正体はどちらも菌です。

湿気と皮脂やせっけんのカスを栄養とし繁殖します。ですからこれの除去は当然として、繁殖する原因となる他の汚れも排除する必要があります。

カビに有効なのは酸素系漂白剤、塩素系漂白剤です。

塩素系は即効性がありますが、酸素系漂白剤は効果が出るまで非常に時間がかかります。塩素の臭いがどうしても苦手という方はコチラの方法を選択するのも一つの手です。

すでにお話ししたように緩やかにカビに効いていきますので、寝る前に作業して翌日に洗い流すなどの方法が良いかと思います。

カビに強力に効くのはやはり塩素系漂白剤です。カビキラーが一番有名かと思いますが、次亜塩素酸ソーダ(ナトリウム)が含まれた商品なら効果があります。

安い商品ではキッチンブリーチです。

使用方法はバケツに必要分ブリーチを入れて水で希釈します。それをカビ汚れにブラシ等で塗ります。

壁面がタイルの場合、目地がカビに浸食されているケースが多いです。そのような広範囲の場合、洗車ブラシなどで塗っていくと作業が楽になります。

ただし注意点があり、掃除は上から順番にが鉄則ですが、洗剤を素材に塗るときだけは下から行ってください。

上から塗ると先行して垂れた液の部分だけが洗剤焼けを起こし、元に戻らなくなる場合があります。

10分~15分ほど放置して水で洗い流します。塩素系洗剤はアルカリ性ですから水で良く洗い流せば問題はございません。

まとめ

使用する汚れ別の洗剤は下記の通りとなります。

汚れの種類 対応洗剤
油脂汚れ アルカリ性洗剤
石鹸カス・水垢 酸性洗剤
黒カビ 塩素系漂白洗剤

次は掃除のコツや注意点です。

  • 過度の汚れにはキッチンペーパーを洗浄剤に浸して湿布すると効果的。
  • 硬く固着した水垢・カルキ汚れには使わないカードで削る方法が有効。
  • 鏡のウロコ汚れはラップをくしゃくしゃに丸めた物で擦ると効果が高い。
  • 壁面パネルは素材により硬いもので擦らない。
  • タイル目地のカビなど広範囲の場合、バケツに希釈液を作って洗車ブラシ等で下から塗っていく。

浴室を構成する素材や素材別洗浄方法、注意点等は下記リンクを参照していただければと思います。

第一回 ご家庭で出来るお風呂の掃除方法

お風呂のキレイを保つには

  • お風呂を出る際に浴室全体をシャワーでよく流す。
  • 窓用スクイジー(水を切るあれです)や乾いたタオルを使用して水気を取り除く。

この二つに限ります。つまり汚れを残さないことです。

お風呂は毎日入りますので毎回そんな作業は正直してられないというところが本音と思います。この記事を書いている筆者もムリです。

ですが浴室全体をシャワーでよく流すということと、厄介な汚れとなる鏡や浴槽ヘリなどの水気を切っておくだけでもかなり効果的な対策となります。

スクイジーは100円均一のもので十分です。

既に除去しきれない汚れにお困りの場合は当店によるハウスクリーニングも可能ですのでお問い合わせいただければと思います。

▶お風呂の掃除・詳細

コメントをどうぞ

CAPTCHA