本日のハウスクリーニングは東京都豊島区池袋にてお風呂のお掃除。

全体的にカビ汚れは少なく、主に石鹸カスや水垢汚れが目立ちます。カビは塩素系漂白洗剤で簡単に落ちますが、石鹸カス等は擦らなければいけないので大変です。

お風呂のお掃除

壁面に白くこびり付いているのが身体や頭を洗った際に飛び散った皮脂や石鹸カスです。

このタイプの壁面パネルは硬いもので擦ると傷がついてしまうので、洗剤を塗布してしっかりと汚れを柔らかくする必要があります。

写真では少しわかりづらいかもしれませんが、洗い場床の黒ずみも壁面の汚れと同様です。

このカラリ床は排水溝へ水が流れやすくするのと同時に蒸発を促し、汚れが付きにくいというメリットがありますが、一旦汚れてしまうと溝に入り込んでしまうので取りづらくなります。

皮脂等は油汚れと同じ酸性ですのでバス用アルカリ洗浄剤を塗布します。

石鹸カス・水垢はアルカリ性の汚れですから逆に酸性洗浄剤を使用。

もちろん、それぞれを同時に使うわけではなく(同時に使ったら中和されて汚れが落ちません)、別個に洗浄します。壁面は研磨剤の入っていないホワイトパット、カラリ床は目の細かいブラシを使用。

鏡のウロコ汚れ

本日のお風呂掃除はオプションで鏡に付着した手強いウロコ汚れの除去もご注文いただきました。

鏡のウロコ汚れ

鏡に固着したウロコ汚れの正体は水の中に含まれる金属成分であるカルシウムやマグネシウムです。水分が蒸発し、金属成分のみ在留して水垢となります。

水垢はアルカリ性ですから酸性成分のクエン酸や酢が効果があり、ラップ等で擦れば傷も付かずに効率よく取れるという話はTVなどでも紹介されています。

いざ実践してみると一見汚れが取れたように見えても、鏡が乾くと再び白いウロコが・・・。そんな経験は結構多くあるのではないでしょうか?

長年汚れをほったらかしにしていると単純に酸性洗剤で中和できる汚れではなくなります。ですからプロでも落とすのが困難な汚れなのです。

末期症状の場合は鏡の内部まで浸透し化学反応を起こしてしまうため、表面を研磨しても取れなくなります。

後者の場合はどうにもなりませんが前者の場合はまだ間に合います。SRCでは機械を使用して洗浄します。

今回はハンドポリッシャーと研磨剤の入っていないミネラル成分のリムーバーを使用して除去しました。この方法で除去できない場合、ダイヤモンドシートを使用いたします。

ウロコ汚れ落とす

キレイに落とすことが出来ました。

お風呂のハウスクリーニングは14,000円、作業時間はおよそ2.5~3時間となっております。

今回ご依頼いただいた東京都豊島区は出張費無料となっております。

鏡洗浄につきましては今回は30cm×60㎝の大きさでしたので料金は4,000円となりました。

ご依頼・お問い合わせ

お電話では「ホームページを見て・・・」とお伝えいただければスムーズです。