東京都荒川区の賃貸マンションにてお風呂のお掃除。

浴槽下(エプロン下)の汚れが気になるのと鏡の頑固なウロコ汚れを落としてほしいということで当店に依頼がありました。

お風呂の汚れについて

エプロン下

キッチンやトイレよりも複雑に汚れが入り組んでいるお風呂。ご自分でお掃除されるのも大変ですよね。

天井のカビは取りづらい、カウンターの水垢や白いモヤモヤが取れない、床の黒ずみにカビキラーが効かない、蛇口のカルキが気になるなどなど。

市販の洗剤では効かないし、かと言って硬いもので擦ったら傷になる。

そんなお風呂でお客様が気にされる汚れのランキング3番以内に入るのでは?というのが今回のご依頼でお客様が気にされていた浴槽下と鏡のウロコ汚れです。

鏡のウロコ汚れ

お風呂や洗面台の鏡につくウロコ汚れ。正体は水道水に含まれるカルキ成分となりますが、それに石鹸や人間の皮脂も含まれます。

硬く固着するため洗剤も効かないし、素材が鏡ですから硬いもので擦り落とすわけにもいきません。傷になります。

鏡用のダイヤパットがホームセンターなどに売っていますが、手で擦って落とすとなるとものすごい作業量になり疲れてしまうと思います。また、水分が少ない状態で擦ったり、均一に力が入らなかったりすると傷が付きます。

鏡のウロコ

今回ご依頼いただいた荒川区のマンションお風呂の鏡の写真です。

専用洗剤を塗布して鏡全体をラップ。20分ほど時間を置きます。

ミネラル成分の洗剤を使用し機材と洗浄シートで洗っていきます。見た目より手強いウロコで、この鏡の大きさがおよそ45×60ですが30分ほど時間がかかりました。

鏡のウロコ掃除後

キレイに除去することに成功しました。

以前に業者に依頼したこともご自分で鏡を磨いたこともないとのことでしたので、特に傷も見当たらず新品同様と言っても過言ではないくらいに蘇りました。

今回はフッ素コートもご依頼いただきましたので洗浄後に施工させていただきました。

浴槽下(エプロン下)の汚れ

「お風呂 エプロン」という言葉がインターネット上でも多く見受けられますが、要するに浴槽の下ということです。

浴室と一体化していない独立した浴槽の場合、ほとんどが前面パネルが外れるようになっています。パネルは固定する部品やネジ、あるいはゴム栓で浴槽本体にはまっています。

ゴム栓で固定されている場合は、メーカーが特定のケースを除き外す必要はないと言っている場合があります。

ですが他の場合は浴槽の内部に空洞があるので当然汚れるというわけです。

エプロン下汚れ

ほとんどの場合、カビによって黒ずんでいるケースが多いです。また、浴槽の排水溝から流れた人間の皮脂や髪の毛が他汚れと一緒に固着しています。

今回のお客様もそうですが、多くの方は、

「恐ろしくて外せない・・・」

と言います。そうですよね。私も仕事だから簡単にやれますが、自分の家は正直怖くて外せないです。

また、奥の方まではブラシで洗浄するのが難しいため、お掃除にも工夫が必要です。

当店では蓄圧式噴霧器で全体にまんべんなく洗剤をまいて時間を置いた後、高圧洗浄機で汚れを落としていきます。

エプロン下掃除後

お掃除完了です。

お風呂掃除の価格

お風呂のお掃除:14,000円
鏡の洗浄:5,000円(45×60cm)
鏡のフッ素コート:2,000円

今回のプランでは上記のような価格となります。

鏡の洗浄は大きさにより値段が異なります。また、エプロン下洗浄は通常作業に含まれるため、追加料金は発生しません。

フッ素コートについてはメーカー実験で常に雨風に晒される場所にて6か月間効果が持続したという実績のあるものを使用しております。

▶お風呂のお掃除の詳細