本日は文京区でのハウスクリーニングのご依頼。

ご注文内容はお風呂のお掃除です。

お客様がご自分でよくお掃除されていた為、すごくキレイなお風呂でした。そんなきれい好きな方が悩んでおられたのが鏡にこびりついたウロコ汚れです。

お風呂掃除・鏡洗浄

浴室の中は家の中で最も汚れの種類が多いところです。

皮脂汚れ・石鹸カス等の酸性の汚れ、水垢・スケールといったアルカリ性の汚れ、そしてカビ。

浴室鏡にこびり付く頑固なウロコ汚れ(鱗状痕)はアルカリ性の汚れとなります。

これを落とすのがお風呂掃除では一番大変なのではないでしょうか?

鏡のウロコ汚れ

事実、本日のお客様もウロコ汚れに悩んでおられます。

実は一般の方だけでなく、ハウスクリーニング業者も悩んでいます。

サンダーとダイヤモンドパット、この組み合わせが最強でしたがそれさえも知らない業者もいました。最近ではハイドロミラーなど特殊な加工がされている鏡が登場している為、従来の方法では落とせない状況になってきています。

ご自宅のお風呂場の鏡はいかがでしょうか?ご自分の姿は見えますか?

ウロコ汚れって何!?

ウロコ汚れ

所謂、水に含まれるカルキ成分です。他にも人間の皮脂や石鹸成分などが混ざったりもしています。

水分は蒸発しますが、不純物はその場に残ります。それが硬く固着した汚れとなります。

魚のウロコのように見えますので「ウロコ汚れ」と言います。清掃業者では「鱗状痕」とも言われています。

どうやって落とすの?

ウロコ汚れを落とす為に様々な商品が販売されています。

専用クレンザーだったり、ダイヤモンドパットだったり、お酢を使ってラップで蓋してみたり。

軽度な汚れであれば効果があると思いますが、それなりに強力なウロコの場合はどれも効果は今一つではないかと思います。

SRCでは専用研磨剤とサンダー、ハンドポリッシャーなどの機材を使用してキレイに除去します。

  1. 浴室・浴場以外の場合は必要箇所を養生します。
  2. 鏡・ガラスと洗浄シートの表面をキレイに洗います。
    ゴミ等の汚物が取り除き、傷が入らないようにする為です。
  3. 研磨剤を対象物に適量付けます。
  4. 機材に装着した洗浄シートをガラス・鏡表面に密着させてから電源を入れ、洗浄開始。
  5. スクイジーで水を切って確認。汚れが残っていれば再洗浄。

ウロコ汚れ落とす

この鏡の大きさは30cm×60cm。作業時間は汚れが結構手強かった為、およそ30分程かかりました。価格は6480円(税込)です。

費用対効果

30cm×20cmの鏡の価格で3,000円です。施工費は安くてもおよそ7,000円。交換を業者に頼むとなれば、合計1万円となると思います。空室清掃とセットであればわずか3,000円で対応致します。

しかし大変恐縮ではございますが、単品での受付は8000円~となりますので、空室清掃浴室のお掃除と一緒にご依頼ください。

▶鏡・ガラス洗浄の詳細

注意点

弊社での施工方法ではガラス・鏡にライン上の傷は入りません。また、酸焼けを起こすような強い薬品も使用しません。作業後、傷や白ボケなどの症状が現れた場合は保証対象外となっております。