ステンレスとは?

ステンレスは英語で「Stainless」と書きます。

錆びにくい、を意味します。とは言え、使用状況によってはサビがついたり、汚れによりくすんできます。

他の素材と比べても汚れにくく衛生的ですが、やはり定期的にメンテナンスするべきです。

メンテナンス方法

いざお掃除となると色々な種類の汚れに戸惑うと思います。

サビはサビ取り剤で、油汚れはマジックリンなどの洗剤で落とせると思いますが、水垢などのアルカリ性の汚れは除去するのが難しいです。

特にエフロやスケール、カルキと呼ばれている固着した物質は大変です。

まず硬いもので擦るとその瞬間に傷が入ります。では洗剤を塗布し、柔らかくしてからソフトスポンジで落とそうと考えると思います。

しかし、エフロ除去剤はほぼ例外なくステンレスの天敵、酸性です。強酸性の場合は塗布した瞬間に腐食するケースもございます。

汚れの程度がそれほどでもなければ、クレンザーやコンパウンドで対処することも可能かもしれません。しかし簡単に落とせるレベルでなければ…。

交換するしかない!?

正直、通常のハウスクリーニングでは対処の仕様がありません。そこで弊社ではステンレスの再生研磨サービスを提供しております。

再生研磨は専用の機械を使用して、目の粗さを変えながら磨く技術となります。

  1. 必要に応じて養生を施す。
  2. ハンドポリッシャーに研磨シートを装着して傷取り。
  3. シートの番手を上げていき、光沢を出します。

固着した汚れは勿論のこと、傷取りや光沢の回復を実現します。

鏡面仕上げ・マット仕上げ

下の画像はシンクを磨いた写真です。

シンク鏡面仕上げ

鏡のように写り込み、強烈な光沢を放つ鏡面仕上げとなります。

シンク鏡面仕上げ2

圧倒的な輝きとなりますので、見た目のインパクトは抜群です。反面、光り過ぎという感想もございます。また、食器などを洗うシンクではすぐに傷が入ってしまい、それが目立つ為、あまり現実的ではない仕上げ方法かもしれません。

商品にもよりますが、新品のステンレスキッチンでも天板は鏡面、シンクは光沢を落とした仕上がりとなっております。

したがって実際には傷を消しつつ光沢を抑えるマット仕上げが良いかと思います。

shink6

落ち着いた上品な光沢となる仕上げ方法です。

シンクヘアーライン仕上げ2

以上が2種類の仕上げ方法ですが、弊社では後者をお勧めしております。分譲住宅の販売目的であれば、見た目のインパクトが強い鏡面仕上げでも良いかもしれません。

いずれにしても、お客様のご希望の仕上げ方法で研磨いたします。

▶ステンレス研磨の詳細はこちら