ガスコンロ清掃

キッチン清掃ですが、今回のガスコンロは非常に汚れていました。

使用期間10年、ファミリータイプのお部屋。毎日奥様が家族のためにお料理をされていたことでしょう。

しかしお掃除は苦手と見えます。仕方ないですよね、得意不得意は人それぞれですから。

とは言え予算の都合上、交換はせずにクリーニングのみで何とかしたいとオーナー様希望。

それはそうでしょう。古いコンロであるため、メーカーに部品の発注もできるかわかりません。もしできなければ全て交換。

しかも最近では、故意でもない限り入居者の方の負担は少なく、大家さんが原状回復しなければならないそうです。

焦げ付き、油汚れを洗浄

ガスコンロ掃除前

ごとく、バーナーキャップ、汁受け皿、グリル扉、グリル皿、グリル網、そしてトッププレートと外せる部品は全て外し、油用アルカリ洗剤にて洗浄。

特にごとくやグリル関係の焦げ付きは大敵です。大型のバケツにお水を汲み、パイプヒーターを利用してお湯を沸かします。そこに専用洗剤を投入。更にごとくを入れて漬け置きします。

高温になれば洗剤の効果も高まるという理論を利用した洗浄方法となります。

トッププレートはネジを取って本体から外し、強アルカリ性の洗剤で洗浄。固まった油汚れをパットで擦り洗剤を投入。時間を置いてまた擦ります。そして洗い流す。これを繰り返す。

素材の状態

ガスコンロだけで2時間近くの時間を費やしました。とにかく手強い汚れで、10年という月日は伊達じゃないと思いました。

ガスコンロ掃除後

汚れ自体はかなりのものでしたが、コンロの素材が傷んでいなかった為、クリーニングのみで新品同様にキレイになりました。

オーナー様は「ここまでキレイになるのか」と、喜ぶというより驚いていました。

正直言いますと最初コンロを見た時、私自身ここまで回復するとは思いませんでした。素材の状態が悪いと、ここまで見栄えよく回復はしません。

レンジフードなどによく見られますが、素材の塗装に油汚れが溶解している場合、汚れを落とすと塗装も落ちてしまうという状況になることが多々あります。その場合は汚れを落としても見栄えは悪くなります。

このような状況ではすでに手遅れと言えます。油が塗膜に溶けて一体化している訳ですからどうしようもありません。

長くキレイにお使いいただく為には定期的なお掃除が必要となります。お掃除代行業である以上、ご自分でお掃除できない場合はもちろん、ご自分でもメンテナンスできるようアドバイスさせていただきます。

キッチンのお掃除はSRCまで。

▶キッチンクリーニングの詳細